4.一般の不動産投資ではありえない!高利回り

 

廃墟不動産投資の最大の特徴は、物件を買わない!という事ですが
2つ目の特徴は「あまり直さない!」という事です。

 

どういう事なのか?

 

買わない&最低限のリフォームで高利回りを実現

 

リフォームを安く済ませる

アイデアとして、

一般の範囲内の考えであれば、

 

いろいろな工務店に当たって

相見積もりを取ったり、

 

一番安い工務店に細かいことを

交渉したりされる程度です。

 

 

「もう少し消費税をまけてもらえませんか?」と

恐る恐る、担当者に尋ねるぐらいでしょう。

 

シェアハウス投資の創設者 OGA氏との対談

有能な投資家さんの中でも

さらに、書籍を出したり

講演に呼ばれるような

レベルのプロの方々だと、

 

各職人に個別発注して

工務店を省略したり、

 

材料をオークションなどで

安く仕入れて

職人に支給したり、

 

または

それらをすべて任せられる

スタッフを育成したりされます。

 

 

これらの高度なテクニックにより、

 

リフォーム代は

半額ほどに減らせますが、、、

 

その分、時間も労力もかかり、

工事の細かな知識も必要なので、

 

まめではない人には

かなり面倒です。

 

 

 

激安リフォームを

宇宙一のレベルにまで

引き上げ高利回りにするには?

 

もっと根源的な

発想の転換が必要です。

 

 

すなわち

極限まで工夫して

安く工事するのではなく、

 

そもそも

 

工事しないのが

最強です。

 

どんな超絶ハイパーコスパの

激安リフォームでも、

 

「工事しない」ことに

及ぶはずがありません。

 

廃墟不動産投資では、

安全面を確保できる

 

最低限の

リフォームのみ

 

 

平均して1軒当たり

10~20万円で済ませます。

重要:

ちゃんとした賃貸物件を作ることが

目的ではありません!

 

10万くらいの初期投資で

一軒当たり

 

毎月2万、つまり

家賃年収24万円

 

を得ることを目的でやっています。

 

直さない理由

・直して貸していたら、利回りが下がる

・自分の物件ではないのに直して、入居者が付かなかったら損をする(リスク回避)

 

 

ex.

廃墟不動産投資の『基本』の型

最低限のリフォーム(約10万)

家賃4万円で「入居者」に貸し出し

空き家オーナーに家賃を2万円支払う

自分の物件じゃないのに 家賃収入2万円!

 

この例の場合、リフォーム代にかけた資金(10万円)は、5か月で回収できます。

 

すなわち

不動産投資利回り

240%

 

投資した金額を10年で回収する「一般」の不動産投資を勉強された方であれば、

廃墟不動産投資が異常に高利回りなことを分かっていただけると思います。

 

仮に、20万円かけてリフォームしても10か月で元が取れます。

投資利回り120%

 

しかも、

1500億の不動産を売った男 みねしましゃちょー 対談

きれいな物件なら、リフォームすらしません(笑)

 

何が起こるか分からない

このご時世で、

 

10年かけて

投資分を回収する

 

一般の不動産投資は

リスクが高すぎます。

 

投資した金額は、1年以内に回収する

癖をつけましょう。

 

 

物件を買わない&リフォームしない

廃墟不動産投資法だから

可能な利回りなのです。

 

 

次回はホリエモンの儲かるビジネス4原則の4

「定期的な収入が見込める」についてです。

延滞なく、長期にわたって入居していただける方について詳しく説明していきます。

楽しみにしていてください。

 

 

今日のまとめ

 

キレイな賃貸物件を作ることが目的ではない

少ない投資で儲けることが目的

最低限のリフォームで高利回りを目指す

かけたお金は高速で回収する!

 

 

こちらの動画もお勧めです。

村上流 雨漏りの直し方!どうやって激安でリフォームするのか?

リフォームを激安にする達人と、リフォームをせずに貸す廃墟不動産投資家!

 

 

Copyright© 廃墟不動産投資家 , 2021 All Rights Reserved.